世界の温泉 礁渓温泉 忍者ブログ
世界の温泉ってどんなのがあるの?
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [10] [9] [8] [11] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

礁渓温泉(しょうけい-、ジャオシーおんせん)は宜蘭県礁渓郷にある台湾でも数少ない平地部の温泉である。

泉質
炭酸水素ナトリウム泉で、逆援は透明。泉温約55度、pH7.8、炭酸イオン約297ppm、ナトリウムイオン約187ppm。

温泉街
礁渓駅前からすぐに温泉街が広がり、温泉路や人妻にはホテルや旅館が林立している。また、温泉路には足湯がある。

歴史
18世紀後半、呉沙が宜蘭を開墾した際に発見されたと言われている。日本統治時代には、日本人が楽園、圓山、西山という3つの温泉旅館を建設し、温泉街が形成されるきかっけとなった。

2005年、温泉街に面積9,000平米の「湯囲溝温泉公園」が整備された。施設と庭園は全て、宜蘭県政府から日本企業に計画設計が依頼され、非常に特徴的なものになっている。園内の施設には、男女の公衆浴場のほか、足湯、休憩のための各種の凉亭、温泉観察井戸などがある。これらの施設のうち、公衆浴場以外は無料となっている。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
フリーエリア
  • seo
ブログ内検索