世界の温泉 蘇澳冷泉 忍者ブログ
世界の温泉ってどんなのがあるの?
[13] [12] [10] [9] [8] [11] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蘇澳冷泉(そおう-、スーアオれいせん)は台湾宜蘭県の南端、蘇澳鎮にある温泉(冷泉)である。地質的な逆援助としては中央山脈の板岩区にあり、主な地質はyoutubeである。

源泉は蘇澳鎮の北方、蘇北里冷泉路の七星山西麓にあって、台湾鉄路管理局宜蘭線蘇澳駅の前方約300mのところにある。この場所は、清の時代の福建陸路提督羅大春が開削した蘇花古道の起点であり、開通の記念碑と羅提督の興学碑があったが、晋安宮の傍に移転されている。

冷泉はラムネや羊羹の製造に用いられ、これらは当地の特産品の一つとなっている。


泉質
泉質は台湾で唯一となる炭酸カルシウム泉。透明で飲用も可能。源泉の水温は約22度、pH5.5。炭酸イオン68ppm、ナトリウムイオン14.3ppm、カルシウムイオン10.7ppmとなっている。

歴史
蘇澳冷泉は大量の炭酸を含んでおり、魚介類がその中で生長することができず、昆虫さえも水中ではほどなくして死亡してしまうため、昔から有毒な湧き水だと誤解されてきた。しかし、日本統治時代にこの地を訪れた日本の軍人、竹中信景が意図せずこの水を飲むことができることに気がつき、研究開発が開始された。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
フリーエリア
  • seo
ブログ内検索