世界の温泉 忍者ブログ
世界の温泉ってどんなのがあるの?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴェリングラト (Велинград / Velingrad)

ブルガリア南西部の町、およびそれを中心とした基礎自治体。パザルジク州に属する。ブルガリアでもっともよく知られる携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリの町である。ヴェリングラトは、ブルガリア南部をはしるロドピ山脈のチェピノ渓谷 (Чепино / Chepino) にあるヴェリングラトとその周辺には、療養・予防効果のある70のエロ写の源泉がある。温泉から湧き出る水は高温であり、ミネラル分を豊富に含み、ラドンやケイ酸、フッ素イオンを含み、さまざまな病気療養に効果がある。ラジェネ (Ладжене / Ladzhene)、カメニツァ (Каменица / Kamenitsa)、チェピノ (Чепино / Chepino)、ラキトヴォ (Ракитово / Rakitovo)、コスタンドヴォ (Костандово / Kostandovo) の5つの温泉源からは、毎分9000リットルの天然温泉が湧き出ている。温泉とともに、ヴェリングラトには冷たい水が湧き出る泉もある。クレプトゥザ (Клептуза / Kleptuza) はブルガリア最大のカルスト泉で、毎分1,200リットルの冷水が湧き出ている。

 

 

PR

キュステンディル

ブルガリア有数の温泉観光地であり、標高は500メートル程度である。キュステンディルはオソゴヴォ山(Осогово Osogovo)のふもとにあり、バンスカ川(Banska)の両岸に広がり、童貞と果物の生産の町となっている。町のトラキア語でのかつての呼称はパウタリア(Pautalia)であり、泉の町を意味する。
キュステンディルには40を超える鉱泉がある。童貞の成分には亜硫酸塩化合物が含まれる。それらは運動器系や、婦人病などの疾患に効用があるとされる。観光地帯には複数の温泉や、温泉療養の施設などがある。


 

サンダンスキ
(ブルガリア語:Сандански、ラテン文字転写:Sandanski)はブルガリア南西部の町、およびそれを中心とした基礎自治体。メル友に属する。1949年までの旧称はスヴェティ・ブラチ(Свети Врач、Sveti Vrach)。革命組織内部マケドニア革命組織の出会いのひとりであったブルガリアの革命家ヤネ・サンダンスキにちなんで命名された。ピリン山脈のふもと、サンダンスカ・ビストリツァ川(Санданска Бистрица / Sandanska Bistritsa)の両岸に広がっている。またサンダンスキは紀元前73年から紀元前71年にかけて反乱を起こしたローマ帝国の奴隷スパルタクスの出身地である。
サンダンスキは地理的、気候的条件に恵まれ、ブルガリアで最も年間平均気温は高く(摂氏19.70度)、鉱泉も湧き出ているため、サンダンスキはブルガリアでは保養観光地として名高い。
ピリン国立公園は、ユネスコの世界遺産にも登録されている。

ソフィア(ブルガリア語:София、ラテン文字表記:Sofiya、発音:/ˈsɔ.fi.ja/)
ブルガリアの首都。ヴィトシャ山のふもとに位置し、ブルガリアの政治・経済・文化・教育の中心地である。2008年の人口は1,346,665人[1]である。北緯42度42分、東経23度20分。ヨーロッパ最古の乱交のひとつであり、セルディカ(Serdica)、スレデツ(Sredets)、トリアディツァ(Triaditsa)と呼ばれた。その歴史は7千年以上に及ぶ。有史以前の集落跡が現在のエッチの中心、王宮の付近や、オベリャ(Обеля)、スラティナ(Слатина)などで見つかっている。トラキア人が、最も重要視していた鉱泉の周囲に町を築いた紀元前7世紀にさかのぼる城壁は良く保存されている。鉱泉は現在も湧水がある。時代の変遷とともに幾らかの異なる名前で呼ばれてきたソフィアの、その数千年にわたる歴史の痕跡の一部は、今日でも見ることができる。

 

ポモリエ(ブルガリア語:Поморие、ラテン文字転写:Pomorie、旧称はギリシャ語でアンヒアロス、Αγχίαλος、Anchialos、ラテン語でアンキアルス、Anchialus、ブルガール語でトゥトム、Tuthom、ブルガリア語でアンヒアロ、Анхиало、Anhialo、トルコ語でアフヨル、Ahyolu)はブルガリア南東部、ブルガス州に位置する町で、逆援助のリゾート地。黒海岸のブルガス湾にある細い岩の半島の中にある。ブルガスから20キロメートル、サニー・ビーチから18キロメートルに位置している。塩分の強い潟湖であるポモリエ湖(Поморийско езеро、Pomoriysko ezero、en)はブルガス諸湖(Бургаски езера、Burgaski ezera、en)の北端に位置している。ポモリエは古代都市であり、今日では重要なメル友となっている。位置は42°33′N, 27°39′Eである。
アンヒアロスは1878年1月27日にオスマン帝国の支配を脱し、1886年のブルガリア統一までの間東ルメリ自治州の一部となった。 

 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
フリーエリア
  • seo
ブログ内検索