世界の温泉 忍者ブログ
世界の温泉ってどんなのがあるの?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チリ プコン 主な温泉:Palguín、Rio Blanco、Huife、Quimey-Co、Los Pozones

プコン(Pucón)は、チリのラ・アラウカニア州カウティーン県の都市。面積1,429km²、人口約14,000人。

プコン市は、首都サンティアゴの南650km、州都テムコの南東100kmに位置する。標高227m。名称はマプチェ語で「山脈への入り口」を意味する。湖と火山に近く、そして特に夏の気候乱交の穏やかさから、プコンは観光地として高い人気を誇っている。

プコン成立の起源は、1883年2月27日アラウカニア制圧作戦中にチリ陸軍によって設けられた砦に求めることができる。その後は、逆援助移住者と先住民族とが共存する形で牛の放牧場開拓や森林資源の活用が行われ、これらが経済を支える主要な産業となった。19世紀末から20世紀にかけてドイツ系などの多くのヨーロッパ移民が住み着き、彼らの手によって1930年代以降から観光地としての体裁が整い始めた。国有鉄道敷設プロジェクトの一環としてグラン・ホテル・プコン(Gran Hotel Pucón)が建設され、同時に小規模なホテル(La Posada、Acevedo、Playa、GudenschwagerやSuiza)が営業を開始し、これらは都市に活況をもたらした。

ビジャリカ火山(en)やビジャリカ湖を始めとするいくつもの山や湖、自然保護区や温泉など、プコンを取り巻く豊かな自然環境は、当地を一年を通じたチリのアドベンチャーツアーのメッカたらしめている。夏には湖で水上スキーなどウォータースポーツや日光浴を楽しめ、河川でのホワイトウォーターラフティングやカヤック、釣りも盛んである。ハイキングやキャンプ、登山やジップラインなどの野外スポーツやバードウオッチングの適地も多く、牧場での乗馬も体験できる。冬にはビジャリカ火山のゲレンデでスキーやスノーボードに興じることもできる。そして一年を通じて、温泉を楽しめるのもプコンの魅力である。

 

PR

アイン・スクナ(アラビア語: عين سخنة‎ 『温泉』の意)

スエズの南55kmほどにある紅海
逆援に面したエジプトの町。美しい砂浜とサンゴ礁があり、マリンスポーツや釣りが楽しめるビーチリゾートである。 町名は、東部沙漠(en:Eastern Desert)の最北端の山ゲベル・アタカ(アタカ山)が泉源の近隣乱交 の硫黄泉に由来する。 スエズの南55kmほどにあり、首都カイロから日帰り圏内にある。この地のホテルには紅海沿岸で最良ランクのものがある。

 

アフリカ~ウガンダ イヒンバ温泉~

イヒンバ温泉(Ihimba hot springs)はウガンダカバレ Kabale郊外8kmの国道カバレ=カトゥナ線沿乱交いにある。その名はこの付近に居住するヒンバ族に由来する。

イヒンバ温泉は泥質だが国道脇の快適在宅なプールで、ユーカリの森の陰にある。

湯治の効能から現地の住民の間ではよく知られている。キゲジのキガ族(Bakiga)やルワンダ人も、リューマチ、腰痛、その他の治療にこの温泉を利用する。

 

デセプション島

南極海にあるサウス・シェトランド諸島を構成する島の一つ。南極半島の近海に連なる島の一つである
南極付近で唯一の温泉が湧き出ている。世界最南端の
逆援 温泉でもある。カルデラ内部の海浜は、数箇所から湧き出る熱鉱泉で熱を持っている。そのままではかなりの高温のため、海水と混ざった部分に寝転がって入浴することができる。

一般的な、南極クルーズツアーで、この島の温泉を訪れることが可能である。

火山の影響で地熱が高い。熱のため乱交雪が解け、南極付近では珍しく地表がむき出している。またディセプション島はペンギンの繁殖地としても知られている。

19世紀初頭以来、デセプション島は南極の嵐や氷山からの避難場所となっていた。最初はアザラシ狩猟者、1906年にはノルウェーとチリの捕鯨会社がWhalers Bayをfactory shipの基地として使用した。そして、1914年までにここを基地とする会社は13となった。


 

ブルーラグーンBlue Lagoon)は、アイスランド南西部、首都レイキャヴィークの南西約40kmにある温泉施設。

面積は約5,000m²(競泳用50mプール4個分)を誇り、露天温泉としては世界最大。温泉全体を一周するだけで10数分かかるほどの広さである。深さは童貞場所によってまちまちで、最深部は1.4mほどある。

自然に湧出する温泉ではなく、隣接するスヴァルトセンギ地熱発電所が汲み上げた地下熱水の排水を再利用した施設。排水は70度以上あり、それを38度前後に温度調節している。

白濁した温泉水には高い皮膚病治癒逆援助の効果があり、アイスランド国内はもとより欧米各国からも多くの人が訪れる。ケフラヴィーク国際空港から近いこともあり、アイスランド随一の観光スポットとなっている。また、マッサージなどの有料サービスもある。入場料は大人一人1400ISK(アイスランドクローナ)、貸しタオルは300ISK。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
フリーエリア
  • seo
ブログ内検索