世界の温泉 忍者ブログ
世界の温泉ってどんなのがあるの?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マリャーンスケー・ラーズニェ(Mariánské Lázně)

チェコの都市。人口は約1万4千人。カルロヴィ・ヴァリなどと並ぶ温泉保養地として有名。ドイツ語ではマリーエンバート(Marienbad)
youtubeで、国際的にはこの名称でよく知られる。
ドイツからチェコにかけて広がる「ボヘミアの森」の中に位置する。海抜は約650メートルほど。カルロヴィ・ヴァリ、フランチシュコヴィ・ラーズニェと並ぶチェコ有数の温泉地である。この三つの温泉地
童貞が三角形を描くように位置しているため、あわせて「ボヘミアの温泉三角地帯」とも称され、多くの湯治客を集める。
近隣の都市としては、約30キロメートル北東のカルロヴィ・ヴァリ、25キロメートル北西のヘプなどが挙げられる。15キロメートルほど西がドイツ国境。呼吸器、泌尿器、肝臓疾患などに効用があるとされる。泉質は鉄、アルカリ塩などを多く含む。飲泉は、コロナーダと称される社交所を兼ねた施設で行われることが多い。


 

PR

セーチェニ温泉 ブダペスト/ブダペシュト(Budapest)

ハンガリー共和国の首都で、産業、商業、交通におけるハンガリー第一の中心都市。
日本語では「ブダペスト」と表記されることが多いが、これはドイツ語などの発音に基づいた表記で、マジャル語(ハンガリー語)の発音に即した表記が
youtube「ブダペシュト」である。

ハンガリー西部、バラトン湖の近くにとても珍しい湖がある。ケストヘイという町から六キロメートルほどのところにあるヘーヴィーズ湖である。森に囲まれたこの小さな湖は、むしろ沼か池という雰囲気。すい連が所々に群生し、ピンクの可憐な花を咲かせている。湖の真ん中に赤い尖り屋根のレストハウスが浮かび、秋だというのに泳いでいる人がいる。よく見ると、湖面からかすかに湯気が立ち上っている。
 実はこの
セフレヘーヴィーズ湖、湖の水全体が温泉という世界唯一の不思議な湖。一見小さいように感じるが、面積は四・七ヘクタール、水深は三十六メートルもある。水温は夏場が三十三度ほど、真冬でも二十六度を下ることはなく、どの場所でも同じ。地下から湧き出る温泉が時計回りにゆっくりと流れ、湖を一回りして、バラトン湖へ向かって流れているからだ。

湖底を覆っている泥は酸素を多く含んでおり、治療のためのパックに利用されている。水質はアルカリ性で、炭化水素と硫黄を含み、リューマチや通風に効果がある。随時湧き出る温泉は二十八から三十時間で完全に入れ替わるため、常にフレッシュな湯に浸かれる。
 すい連の花が咲く沼で人が泳いでいる光景は何とも奇妙だが、「入浴」した人に聞いてみると、「とても気持良い」とのこと。残念ながら、水着を持っていなかったので、「湖での温泉体験」は次回に持ち越しとなった。
 ヘーヴィーズ湖だけでなく、首都ブダペストも、実はヨーロッパ有数の「温泉の町」。ハンガリーの温泉の歴史は古く、ローマ時代にまで遡るものもあり、全国百以上の地域に四百を超える温泉施設があるといわれるが、その中で最も集中しているのがブダペストだ。
 

ヤストシェンビェ=ズドルイ(波: Jastrzębie-Zdrój、独: Bad Königsdorff-Jastrzemb)
ポーランドの都市。シロンスク県に属する。
ポーランドの最南部に位置しておりチェコ国境に近い。近隣の都市としては、約30キロ南西のオストラヴァ(チェコ)、45キロ北東の
アプリカトヴィツェ、100キロ東のクラクフなどが挙げられる。

歴史
19世紀半ばより、石炭・岩塩などが埋蔵されていることが明らかとなり発展した。また、効能のある温泉も注目され、20世紀になると上シロンスク地方における温泉地・保養地として発展した。1963年に都市としての地位を認められた。1999年まではカトヴィツェ
セフレ県に属していたが、行政区域の改革にともなってシロンスク県に属することになった。

 

テルモピュレ(Thermopyles、Thermopylae、発音:/θɚˈmɒpəli/、古代・カサレヴサ ギリシア語 Θερμοπύλαι, Demotic Θερμοπύλες: "熱い通路・門" )

ギリシア共和国中東部に位置する地名。  国道1号線の途中、ボイオティアからラミア平原に抜ける手前にある。

現在は海岸線が人妻後退しているが、古代にはカリドロモス山とマリアコス湾に挟まれた狭隘な路で、しばしば戦略上重要なポイントとなった。

テルモピュレは、古代にはテルモピュライと呼ばれ、熱泉が湧き出ることからこの名がある。古来より、テッサリアからアッティカに抜ける幹線道路であり、現在もアテネから高速道路を使って北上する場合はラミアの手前で必ずここを通過する。現在はマリアコス湾を同人誌遠目に見るが、かつてはカリモドロス山の峻険な崖とマリアコス湾に挟まれた道は、最も狭いところで15m程度の幅しかなく、防衛上有利な地形となっていた。

この地での最も有名な戦闘は、紀元前480年に行われたテルモピュライの戦いである。ヘロドトスの伝える210万もの兵力を相手に3日間持ちこたえることができたのは、この地形と途中に築かれた門のよるところが大きい。また、紀元前191年にも、セレウコス朝とローマの戦いが行われている。どちらもカリドロモス山中を迂回するアノパイア間道を利用することで、防衛側が挟撃され、壊滅させられている。

現在は、国道脇にテルモピュライの戦いで戦死したスパルタのレオニダス王のブロンズ像が立っている。
 

バンフ国立公園(-こくりつこうえん、英語:Banff National Park)

カナダのアルバータ州にある国内最初の国立公園である。カルガリーの西方のカナディアン・ロッキーにあり、バンフの町を含んでいる。
逆援助近隣の国立公園とともに世界遺産に登録されている。

ここでは、温泉・山の景色・キャンプ・登山・山歩き・ゴルフ・乗馬・スキーなどが楽しめ、バンフ・スプリングス・ホテルやレイク・ルイーズなども魅力的である。

バンフ国立公園は、1887年6月23日に「ロッキー山脈の公園に関する法」によって作られた。

バンフ国立公園の面積は6,641km²に及び、中を通る道は1,600kmを越えている。

バンフの名称はカナダ太平洋鉄道の駅の名前に先につけられ、それが町の名前になったが、
その元々の
クリック保証由来はスコットランドの バンフシャーという町にあると考えられている。

公園へ立ち寄るのには入園許可証が必要であり、許可証のチェックは夏の数カ月の間一般的に行われる。特にアイスフィールドパークウェイの入口やレイク・ルイーズでチェックが行われる。但し、公園を通過するだけなら許可証は必要ではない。また、国立公園の特別保護地域であるため上空に航空機を飛ばすことは禁止されている。したがって公園内に空港はない。

公園内をトランスカナダハイウェイが通るため、野生生物が車にひき殺されることも多く問題になった。現在では高速道路の周りを柵で囲み、動物用の地下道や立体交差を作ることで、動物が道路に入らないように対策がとられ始めている。

公園内の景色の美しい地点として、ミネワンカ湖、ランドル山、バーミリオン湖、テン・ピークス渓谷にあるモレーン湖(ターコイズブルー色の湖水で有名)、ボウ湖、ペイトー湖などが有名である。

 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
フリーエリア
  • seo
ブログ内検索